阿賀野市総合計画 抜粋

石動建築設計事務所

新潟県主催のプロポ−ザルコンペで当選した胎内市に出来る青少年教育施設
「新潟県少年自然の家」です。

2.基本方針

1.基本的機能
   安全・安心であり,魅力ある学校とするための基本的機能

2.新しい教育環境づくり
   これからの学習や地域連携を考慮した学校とするための条件

3.新しい生活環境づくり
   過ごしやすい環境の条件や生徒同士の交流を広げるため
   の条件

4.公共機能
   避難施設としての機能条件と地域開放のための配慮事項
作品紹介
1階平面案
会社案内
配置計画
よもやま話
会社案内
会社案内
会社案内
トピックス
阿賀野市立水原中学校
階数 校舎棟    3階建て
      室内運動棟 平屋建て

敷地案内図

鳥瞰図

立面図

青少年教育施設「新潟県少年自然の家」

2階平面案
3.地域図書館の合築
   
    阿賀野市総合計画の一環として,生涯学習機能の一つである図書館について,施設の老朽化を踏まえた上での
     施設整備・再編が述べられ,学習プログラムの精選と充実を図る事としている。学校と市民が利用出来る
     地域図書室は類似した機能を持ち,相互利用が出来,利用面・コスト面ともにメリットが有る。   
上記の「阿賀野市総合計画」を十二分に咀嚼・理解をし,その延長上で未来を背負う若人の為,そして市民の為,
地域文化発展の為,ノウハウの全てを結集し,乾坤一擲の作品を提供致しました。
今実施設計の真っ最中です。間もなく工事も始まり、2年後には完成した姿をご覧頂けると思います。
                                             平成24年3月
面積 校舎棟       9,254u(給食棟含む)
    屋内運動場棟    3,094u
    合計          12,348u
構造 鉄骨造 耐火・準耐火構造

野外活動支援棟

基本理念 「人を育み、教育と文化が輝くまち」
  
  1.歴史と文化を継承した新たな“水原中づくり”

  2.教育と安らぎ,効率とゆとりが調和した“水原中づくり”
 
  3.地域に開かれた,地域と共生する“水原中づくり”




新潟の建築設計事務所

3階平面案
競技設計(プロポ−ザルコンペ)で当選した,当事務所渾身の作品です